ワインでも飲みながら♪

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとつのツールとして

<<   作成日時 : 2010/02/03 09:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

だいぶ片目をつぶることに慣れてきた日々。

母の言いまつがいもおもしろネタとして待ち構えるようになったケド

今の母と私がコラボできることがあるとすれば

それは、俳句である。



母はうんうん唸りながらも、もうやめたいと口にしながらも

ほそぼそと俳句を続けている。

2カ月に一度のペースで句会に出す作品をしぼりこむ作業に

外野として参加する私。



専門的なことはよくわかっていないんだけど

句の印象や感想を伝えることはできる。


5−7−5の限られた世界のうしろに

四季、自然や詠み人の心境が横たわっていて

おお、その言葉がたちのぼってくるんだ〜と

興味深くながめている。



俳句の話題を交わしているときって

母と娘の関係性が薄らいでいく。

一個の人と人として、会話しているなぁ〜と思うひととき。

私の感想をうけとって、そうだそうしよう!と言ってくれるとき

お互いの価値観や好み指向性を超えている。



ことばをいじりたおしたものと

ふとした閃きからことばが降りてできた句のちがいって

わかるものですね。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
1つのものに集中する、ちょっと距離を置いた共同作業。
いいですねぇ。

そういえば、テレビで以前観たけど
お習字で一文字、書くだけなんだけど
何枚も書いた中の1枚より、
最初に書いた1枚のほうが多少バランスがよくなくても、
勢いがあっていいと褒められてたことを思い出しました。

なんでも、こねくり回しすぎるのは…ダメなのかもね。
きっき
2010/02/03 10:19
>キッキさん
俳句というものを通して垣間見る母の姿は
日常の側面とはちがうもの。
そうですね、距離とか集中とか固定しない揺らぎのようなものの
中でハッとすることがあるんでしょうね。。。

勢いの中には無に近いものがあるかも〜(^_^)
かえる@
2010/02/03 11:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひとつのツールとして ワインでも飲みながら♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる